YURURAN日記

CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 脅しや怖がらせの言動はその人の「考え」が原因 | main | デートDVって? >>
子どもの人権
0

     

    養育者が子どもに対して強く厳しい態度行動をとることはあります。

    「しつけのため」であっても体罰、体への暴力が肯定されることはあり得ないですが、かといって1回殴ったことで虐待として公権力が介入して親権制限されることも現実的ではないでしょう。

    問題は親の行為の意味にあると思います。

    支配的で高圧的で、一貫性のない「しつけ」は物理的な力の行使(体への暴力)がなくても、つまり、親の言葉や態度での威圧や侮辱であっても「虐待」に相当する行為だと思います。
    「虐待」は子どもの否定、子どもの人権侵害です。

    学校での体罰もこどもの人権侵害です。
    言葉や態度でも脅したり、支配したりすれば「虐待」だということです。

    虐待は子どもが自分を大切に思えなくするぐらい子どもへの影響があります。


     

    | 体罰・虐待について | 10:36 | - | - | - | ↑PAGE TOP