YURURAN日記

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 自己尊重感 | main | 子どもの人権 >>
脅しや怖がらせの言動はその人の「考え」が原因
0
    飛行機内で後ろの客から「席を戻して」と言われたことに激高して乗客やCAとトラブルになった事件がありました。
    その際「倒産した会社が何を言っているんだ」など暴言を吐き、こぶしを振り上げたと記事にはありました。
    なぜ起きたのでしょうか?
    席を戻すという何でもないことが、暴力にまでなってしまうのでしょうか。
    相手を自分の思い通りにする「支配」が目的で暴力的な行為でそれを得ようとしたのか。
    客はえらいんだというような間違った考えや他の者に対する見下しがあり、相手の立場を尊重していなかったのか。

    その結果、家族を失う、友人を失う、仕事を失う、信用を失う、自由を失う・・・かもしれません。
    暴力で失うものはあっても何も得るものはないでしょう。

    ブログに元交際相手の名誉を傷つける内容や個人情報を書き込んだといして名誉棄損で逮捕された記事もありました。
    仕返しや嫌がらせのために暴力的な行為での解決を選ぶ・・・この行為に至る考えには何があるのでしょうか。

    DVをする人の考えのひとつに上記の考えと同じような考えがあります。
    DVをする人はパートナーに暴言を言い、脅す行為を繰り返ししたことでしょう。
    DV行為を他人に対して行えば、社会人として責任を取らされる行為であり逮捕される行為です。

     
    | 社会の暴力 | 16:59 | - | - | - | ↑PAGE TOP