YURURAN日記

CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
子どもの人権
0

     

    養育者が子どもに対して強く厳しい態度行動をとることはあります。

    「しつけのため」であっても体罰、体への暴力が肯定されることはあり得ないですが、かといって1回殴ったことで虐待として公権力が介入して親権制限されることも現実的ではないでしょう。

    問題は親の行為の意味にあると思います。

    支配的で高圧的で、一貫性のない「しつけ」は物理的な力の行使(体への暴力)がなくても、つまり、親の言葉や態度での威圧や侮辱であっても「虐待」に相当する行為だと思います。
    「虐待」は子どもの否定、子どもの人権侵害です。

    学校での体罰もこどもの人権侵害です。
    言葉や態度でも脅したり、支配したりすれば「虐待」だということです。

    虐待は子どもが自分を大切に思えなくするぐらい子どもへの影響があります。


     

    | 体罰・虐待について | 10:36 | - | - | - | ↑PAGE TOP
    子どもへの虐待、心だけでなく脳に深刻なダメージを残す
    0

      子ども時代に親から虐待をされると、脳に深刻なダメージを受けることが医学的にわかってきた(毎日新聞2013年12月5日朝刊記事)

      福井大学「子どもの心の発達研究センター」友田明美教授(小児神経科医)

      子どものその後の生活に大きな影響を残します。

      子どもを育てるのに”虐待”は必要ない。

      子どもの声を聞かない、聞こうとしないのも(無視)は、ネグレクト(育児放棄)であり心理的な虐待でもあると思います。

      子どもは心にその思いを閉じ込めてしまうからです。

      封じ込めた感情をうまく伝えられなくなることがあります。

      大人になり、その時の感情や怒りを外に向けるか、あるいは、内に向けるか、どちらも病気や生き苦しさにつながります。

      参考:

      児童虐待とは 殴るける等の身体的虐待

             食事を与えない、衣服を替えない、季節にあった衣服を着せない、
                          学校や幼稚園、保育園にへ行かせないなどの育児放棄(ネグレクト)

             わいせつな行為をする性的虐待

             暴言・無視、兄弟間での差別的な扱い、家族へのDV(目の前でD
                         Vをしなくても、家庭でDVがあれば力による家族全体への支配が
                         あり影響がる)などの心理的虐待

           

      | 体罰・虐待について | 16:26 | - | - | - | ↑PAGE TOP
      体罰について「性と柔」から
      0
        柔道の問題を単に「お家騒動」ではなく日本のスポーツ・教育現場におい蹴る問題でありその改革に一石。
        男たちの「ムラ社会」に挑む、知的考察の著書。「性と柔」樋口紀子著

        http://no-border.asia/archives/16292

        体罰を状況によっては仕方ないと、容認している教師、子どもが体罰を受けてもそれなりのことをしたから仕方ないと思っている親、自分は体罰に耐えて今の自分があるから体罰を容認するすべての人に読んでほしい一冊です。

        教育現場で「みせしめ」という形の指導が今もされています。現場の教師からは「信頼関係があるからそのことの何が悪い」
        という言葉が返ってきます。生徒に恥ずかしい思いをさせ、行為をやめさせようとすることが教育でしょうか。
        特に集団の中で一人に集中して「みせしめ」をされた生徒の気持ちは考えたことがあるのでしょうか?
        そのことは、周りの生徒が、その生徒を問題のある生徒として厄介がったり、さらに孤立させたり、いじめたりする誘因となっていることに気づいているのでしょうか。そうは思いません。教師自身のために「みせしめ」はされているように思います。教師がいじめのもとを作っていることに気づいき、「みせしめ」はやめなければならないと思います。
        生徒はそいういやり方を教師などから学び、いじめや自分たちが厄介に思っている人や気に食わない人を傷つけたりする行為をしているのではないでしょうか。
        「柔は剛を制する」
         
        | 体罰・虐待について | 11:23 | - | - | - | ↑PAGE TOP